低炭素鋼鉄はさらにもっと信頼できない、待たれていて急がせ、

March 14, 2022
最新の会社ニュース 低炭素鋼鉄はさらにもっと信頼できない、待たれていて急がせ、

「二重カーボン」目的を達成するためには、私達は国民の条件に安定性を維持している間私達自身を基づかせなければなり進歩を主張し、そして次第にそれを実現する。あなたの手で最初に食べる、食べる新しい人はあなたの手を、それよくない」まだ得ていない人を投げることができないし。
長期プロセスの90%のための化石燃料そして記述によって現在支配される鉄および製鉄業のために、カーボン最高になることおよびカーボン中性を達成することは現実からおよび成功のために熱望した離婚することができない。記述、全面的な記述、強化された記述、正しく現在および未来間の関係を、長期目的および短期目的、全体および部分コントロールするため。
但し、早急に待ち、先延ばしにすることを意味しない。今年、「製鉄業のエネルギー保存そしてカーボン減少を」促進して企業へ堅い抑制の自明信号である政府の仕事のレポートにはじめて書かれていた。確実に、主要なカーボン エミッターとして、製鉄業の緑および低炭素の変形は「実質の剣および実質銃」の重要な期間に入り、全く見ることは、触れることは必要で実結果を感じる。この見通しから、「2カーボン」目的の達成の私達の仕事は緊急に残る。
一方で、企業が上に上るために行かなければならない深遠な緑の革命がある;製鉄業の低炭素の変形は機能し、革新的、企業的であるために確実に私達が私達の考えることを明白にするためにするために事実からの真実を、全面的な計画を追求するように、要求する巨大な組織的プロジェクト率先してやる難しさを克服するためにである。単語:「低炭素鋼鉄、待たれていて急がせ、さらにもっと信頼できない!」は
低炭素鋼鉄は「」急ぎ、全体として計画されなければならない。安定性を維持している間鉄および製鉄業は、全面的な意見を確立するために固定して作動しなければなり、きちんと開発と環境保護間の関係をコントロールし、進歩をし、そして緑および低炭素の開発を達成する;国民経済および鉄の開発および各段階の製鉄業、包括的に省エネおよび低炭素の技術の開発の客観的な条件に従って、および段階およびステップの「二重カーボン」仕事を促進するため。
低炭素鋼鉄は「私達すぐに機能しなければならない」待つことができない。鉄および製鉄業は現在生産能力および出力の「二重制御」およびエネルギー消費の「二重制御」のような多数圧力の企業の外部環境、また鉄および鋼鉄企業間の不均衡な緑の開発に直面して、緑および低炭素の進歩の技術はまだ成長し、適用されるべきでの共同作用は上下流にそこにカーボン減少チャネルのような解決するべき障壁を破壊し、機会を握るために私達が率先してやるように要求する一連の問題まだ開いていないである。それは「二重カーボン」ターゲットが付いている管理システムおよび生産構成モデルおよび仕事をターゲットとして造ること、または科学的で、技術革新の投資を高めること、科学的で、技術革新のシステムそしてメカニズムを改良すること、か関連の企業のための共同カーボン減少交換プラットホームの確立を促進することであるかどうか新しい交差工業を産業鎖の調整されたカーボン減少の協同モデルおよび有効な、低炭素の円のインダストリアル・システムの構造の加速は、早く配置されて早く計画されなければなり、早く機能した探検するために。
低炭素鋼鉄はさらにもっと「信頼できなく」、独立独行でなければならない。鉄および製鉄業は今でも成長し、国際舞台の中心に最初の主要な鋼鉄国として立った。「実用的な」経験の十年は私達の自身の手の基幹技術の習得によってだけ既に深くそれを偽りなく競争および開発の率先をつかむことができる私達示した。、同じは「二重カーボン」技術の進歩に適用し。当然、私達は国際協力を増強する必要があるが」持って来る技術のための広範な「および「群がる」「市場に」のような古いルーチンに開発でなったタブーがある。私達は独立した革新に付着し、積極的に適した企業を探検しなければならない。自身の省エネおよびカーボン減少の緑の開発道は実際に自身の緑の開発の強さを改善した。
彼はWenboの中国人民政治協商会議の全国委員会、中国Minmetalsのディレクターの前の重役会長、および中国の鉄および鋼鉄連合の党委員会の秘書のメンバー、戦いに勝つために青空を守るために製鉄業が価格を支払って準備ができていることを真剣な約束。はい、低炭素の変形は良質の開発を促進する製鉄業のための重要なエンジンである。私達はこの戦いを戦わなければならない私達はそれをできてもそれに勝ってもいい!